風俗ってどんな種類があるの?風俗大国日本には、いろいろな種類の風俗があります

風俗ってどんな種類があるの?

そもそも風俗いけって貴方は言うけど、一口に風俗っていっても色々なお店があるでしょ?どこのお店に行っていいのか、わかりませんよ!
ってな方の為に、このページでは風俗の種類・業種について説明を致します。
たしかに、風俗といってもこれだけ多岐にわたる業種があるのは日本独特の文化ですからね。


まずは大前提として一つ知っておいて欲しいのが、日本の風俗はソープランド以外の全ての業種において本番行為はNGです。 その代わりとして素股(女性器と男性器をこすり合わせる技)という独自の文化が根付いています。女の子への本番の強要は違法行為になりますので、ご注意下さい。(強要ではなく合意の場合は…まあ、ねぇ…)

■業種1:ソープランド
ソープ 風俗としては一番有名なのではないでしょうか?大昔はトルコ風呂なんて呼ばれていました。もっと大昔は遊郭?お風呂・シャワーなどの付いた個室で、女の子が極上のサービスを施してくれます。まさに風俗の最高峰です。風俗で堂々と本番行為ができるのはソープのみです。(厳密にいうと違法なのですが、まあ賭博は違法でもパチンコは容認されている、的な事です。)
予算はピンキリで、1万円台で遊べる格安店から10万円はかかる高級店まで様々です。基本的に値段と女の子及びサービスの質は比例します(^^;)
気をつけて欲しいのは、ソープの料金体系は、だいたい入浴料とサービス料に分かれています。総額でいくらなのかを入店前にきちんと確認しましょう。ちなみに入浴料とはお店に払う料金で、サービス料は女の子に払う料金です。

■業種2:ファッションヘルス
ヘルス ソープと同じく昔からなじみのある業種です。お店の個室で女の子がフェラや素股といった王道のサービスで楽しませてくれます。ちなみに風俗のこれぞ醍醐味(そう思うのは私だけ?)というマットプレイを楽しむことのできるお店もヘルスやソープランドが主です。(全ての店舗にマットがあるわけではありませんので、マットプレイを楽しみたい場合は事前確認をして下さい。)
予算は1万円~2万円程度でしょうか?お店の個室ということで、ホテル代や交通費がかからないので、デリヘル等にくらべて割安です。
余談ですが、ソープ・ファッションヘルスという業種は、法律の関係上、新規参入ができません。ソープ・ファッションヘルスを経営したければ現在経営しているお店から資格を買う、もしくは譲り受ける必要があります。ですから、風俗業界に新規参入する企業・事業者は、自然とソープ・ファッションヘルス以外の業種で始めることになります。

■業種3:デリバリーヘルス
デリヘル 通称デリヘル。ホームページなどで女の子を選び、電話で自宅もしくはラブホテルなどに女の子を呼んでフェラや素股のサービスを受けます。ビジネスホテルなどにも呼べますが、ホテル側がデリヘルを禁止している場合などもありますので、ご注意下さい。また法律上、店舗を構えているお店は夜中の12時以降は営業できないのに対し、店舗や受付所を持たないデリヘルは夜中12時以降の営業ができるのも、特徴です。(なので24時間営業も可能です)
予算は1万円~2万円程度+交通費+ホテル代(大体3000円~)。ただデリヘルには芸能事務所が経営しているところもあり、そういった店は女の子の質が高く、料金が10万円前後になる場合も…。交通費は近くなら1000円程度(無料の場合もあり)ですが、場所によって変動するので、お店に要確認です。

■業種4:ホテルヘルス
ホテヘル 通称ホテヘル。受付のみ構えていて、プレイは受付所近辺のラブホテルで行うタイプのお店です。サービス内容はデリヘルと大して変わりませんが、自宅出張や遠方のホテルへの派遣などはありません。
プレイまでの流れとしては、まず受付に行き(大体雑居ビルの一室です)そこで、写真を見ながら女の子を選ぶ、それからお店が紹介してくれたホテルに行き、部屋に入ったら受付に電話、女の子がホテルに登場、となります。ホテルのランクも様々で、金がないと言えば、ちゃんと安いホテルを紹介してくれるし、オシャレな雰囲気のホテルがいいと言えば、ちょっと高めのワンランク上のホテルを紹介してくれます。
予算は1万円~2万円+ホテル代(大体3000円~)。ホテル代がかかる分ファッションヘルスより割高になりがちですが、若い、というかカジュアルな女の子が多く個人的にはファッションヘルスより好きです。
また、デリヘルのように電話1本で、というようなお手軽感はありませんが、受付で女の子の写真を見ながら店員さんと直に話ができるので、安心感はあります。

■業種5:イメージクラブ(イメージヘルス)
イメクラ 通称イメクラ(もしくはイメヘル)。コスプレをした女の子とシチュエーションプレイが楽しめる風俗店(主にヘルス・ホテヘル)のことを指します。例えば制服を着た女の子と学園プレイ、ナース服を着た女の子と病院プレイなど…アニメキャラのコスプレを揃えているお店もありますし、電車の椅子、つり革などを設置してある部屋で、痴漢プレイを楽しめるお店もあります。夏は浴衣、冬はサンタコスチュームなど季節によってのバリエーションもあり、非日常を楽しむにはもってこいの業種です。昨今は、イメクラのようにコスプレを売りにしていないお店でも、ある程度のコスチュームを用意しているお店は多いです。

■業種6:ピンクサロン
ピンサロ 通称ピンサロ。ソファなどがならんだ部屋で女の子がフェラ中心のサービスしてくれます。個室ではないので、隣のお客さんのプレイが丸見え、なんてことも。カーテンで仕切っているお店もあります。一応、飲食店扱いなので、最初に飲み物(お茶・アイスコーヒー等)が提供されます。シャワー設備などはないので、衛生面が気になる人にはきついかも…(プレイ前・プレイ後は、局部をおしぼりで拭いてくれます。)
予算は5千円前後と他業種に比べてお安く手軽になっております。その手軽さゆえ、複数の女の子が入れ替わり立ち代り相手をしてくれる花びら回転といったサービスがあるのもピンサロの特徴。

■業種7:エステ
エステ エステという名の通りマッサージをメインとしたお店です。ただマッサージスタイルは本格的なものから、エロをメインとしたものまで様々です。
在籍女性の国籍も様々(^^;)で、主にアジア系の女性が働いているケースが多いです。もちろん、日本人の女の子しか採用していないエステもありますよ。また、ヌキのサービス自体がない店もあるので、そのお店は風俗エステなのか一般エステなのか、ヌキがあるのかないのか、サービス内容に関してはちゃんと調べておくことが大事です。(ホテルではなく店舗でサービスを受けるスタイルのお店は、基本的に、というか法律的にヌキはないと考えてください)
予算はヌキありで1万円~といったところでしょうか。

■業種8:手コキ店・オナクラ
オナクラ 昔は手軽な風俗といえば、ピンサロでしたが、今は手コキ店やオナクラが手軽な風俗の代名詞となりました。
手コキ店とは、その名の通り女の子が手でシコシコしてくれるお店です。オナクラとは、自分の自慰行為を女の子に見てもらうお店。どちらも基本、女の子は着衣姿でボディタッチはNGですが、オプション料金を支払えばトップレス、おっぱい揉み放題などのサービスがついてくるお店もあります。ハードなサービスは望めませんが、その分、料金が安いし、女の子も若くて可愛いコが多いです。サービスを受ける場所は受付近くのホテルやレンタルルームとなっているところが多いです。
予算は2000円~(+ホテル・レンタルルーム代)とプレイ料金のみなら断トツの安さです。

■業種9:SM店
SM その名の通りSMプレイを楽しむことのできるお店です。女の子に攻められる女王様プレイ専門店もあれば女の子が受身のM嬢専門店もあるし、両方を兼ね備えたお店もあります。特殊なプレイになるため、普通のヘルスやホテヘルより料金設定は高いです。特に【お客S/女の子M】の場合は、女の子の負担も増えるため、【お客M/女の子S】の場合に比べ値段は高くなるようです。普通の風俗に飽きてきた、もっと刺激が欲しい、なんて方にオススメです。止めはしませんが、風俗初心者の方がいきなり選ぶ業種ではない気がします^^;(もともとそういった性癖をもっているなら別ですが…)予算は15000円~くらいかな。


他にも「熟女系」「ロリ系」「ぽっちゃり系」「ギャル系」などカテゴリーに分けることも出来ますが、風俗の種類というのは大体こんなところじゃないでしょうか? では皆様、ご自分にあった業種を見つけて、風俗ライフをエンジョイしてください!

【注】最後に風俗初心者の方がお店選びで一番気をつけなくてはいけないこと【注】
風俗遊びというのは、ちゃんとお店を選べば、明朗会計で安心して遊べますが、中には違法店、所謂ぼったくり店というのも存在します。有名雑誌や有名ポータルサイトに掲載されているお店であれば、ぼったくり店である可能性は低いですが(雑誌やサイトは掲載前に届出書の確認なども行っているはずなので)何も知らずに客引きについて行くなどすると、ぼったくり被害に合う確率がぐんっと上がります。風俗遊びが嫌な思い出にならないよう、ぼったくり店には気をつけましょう。(「おススメ風俗サイト」(PCでは左メニュー・スマホでは下メニュー)でリンクを張ってあるサイト(例:風俗ブックマーカー)などを利用すれば安心してお店選びができるはずです)
以下参考リンク
http://www.nukinavi.com/eradication/

 

↑ PAGE TOP